HOME > アーティスト > フィリップ・エマール

所属アーティスト

フィリップ・エマールPhilippe Aymard 〔業務提携〕
フィリップ・エマール
【パフォーマー、役者、演出/振付家、歌手、クラウン(道化師)】
【Performer, Actor, Director/Choreographer, Singer & Clown】

7月1日生まれ
南仏生まれ
特技 陶芸

スケジュール

media info
WEBサイト「TOKYOWISE」 対談記事 2月16日より掲載
2017年7月/他
手塚治虫 生誕90周年記念「Amazing Performance W3(ワンダースリー)」
■宇宙初公演
2017年7月1日~9日
DDD青山クロスシアター
■本公演
2017年11月3日~12月22日
2018年2月~3月4日
※195公演のロングラン開催予定。詳細は後日掲載。
2017年5月
「イタリア・アモーレ・ミオ!」
2017年5月20日(土)~21日(日) 10:00~20:00
六本木ヒルズ
66プラザ周辺(屋外オープンエリア/黒い蜘蛛のような彫刻の近く)に、毎日数回 (11時~夕方/時間不定期)に現れてパフォーマンス!イベントを盛り上げます。

フィリップ出没時間(予定):
・5/20(土)15:10~、16:10~ /他
・5/21(日)13:30~、17:00~ /他

2017年3月
2017instinct.jpg 「INSTINCT」
2017年3月30日(木)開場18:30/開演19:30
南青山MANDALA
2017年1月
pa001.jpg ファーストCDアルバム「OUT」
完全オリジナルのアコースティック・ナンバー
(ヌーベル シャンソン/フレンチ ジャズ/バラード)全13曲。
フランスのエスプリに満ちあふれたオリジナルナンバーの数々。
1月10日リリース
2016年11月~
映画「オケ老人」
2016年11月11日ロードショー
劇場情報→

プロフィール

photo_philippe_2.jpgパフォーマー、役者、演出/振付家、歌手、クラウン(道化師)。
南仏生まれ。
7才の時に観た映画「不思議の国のアリス」に影響を受け、12才までダンススクールに通う。さらにパリのエコール・ジャック・ルコックにて専門的なテクニックを身につけた彼はフランス国内外の劇場、TVでも活躍。その一方、病院で精神的治療を行う"ドクター・クラウン"として、病気入院中の子供達に笑いと幸福を与えてきた。
2001年から2011年にはシルク・ドゥ・ソレイユ『ドラリオン』、続く『ZED』でクラウンを演じ世界中をまわる。来日をきっかけに茶道や陶芸をはじめとした日本文化に傾倒し、自分の人生との運命的な邂逅と深いつながりを感じた彼は、日本に一人とどまり創作活動をしていく決心をした。
現在、様々なクラスやワークショップで演劇、コメディ、クラウンなどを教えながら、自身で歌い楽器を演奏、パフォーマンスを行うコンサートを実施。またパーク・ハイアットでのイベント演出/出演をはじめ、パフォーマー/ナビゲーターとしてエルメス・ジャパンツアー、小曽根真、クラシックの祭典ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、X Japanオマージュのコンサートなど様々な大型イベントや公演に参加、多くのアーティストと共演/コラボレーションしている。近年では、ミュージカル、SMAPのCD/DVD、ポケモンほかのCMにも参加。さらに映画にも出演、女優の杏とも共演するなど、活躍の場を広げている。  

Performer, actor, director/choreographer, singer and clown.
Born in southern France.
Influenced by the movie " Alice the wonderland", he played at the age of seven, he attended a dance school till 12 years old. On top of that, he acquired professional technique and the skill of improvisation at Ecole Jacques Lecoq, Paris, he played active roles in and outside of theaters, on streets, on TVs. In addition, he offered laughter and happiness for sick children in hospitals, as a " Doctor Clown", who is responsible for curing mental side of children. From 2001 to 2011, he played clown in DRALION , and then, in ZED, Cirque du Soleil, went around the world. In the wake of the stay in Japan, an admiration for Japanese culture, such as Sado, Togei, was born in his mind. He also strongly felt a fateful encounter and deep connection, departed from Cirque du Soleil, decided to stay alone in Japan and continue to make creative activities.
He is teaching theatre, comedy and clown at several classes and workshops in one hand, he participates in various projects such as the direction/acting at Park Hyatt event, the performance at Hermes Japan Tour, the collaboration with Ozone Makoto, and so on. He keeps fascinating Japanese audience by his rich representation and subtile/poetic sensibilities.

主な出演等 [2015年~]

2016年
「HEROES」グランアーツスペシャル LIVE 2016
 Bunkamuraオーチャードホール

りゅーとぴあプロデュース「オフェリアと影の一座」
 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館、
 東京芸術劇場 プレイハウス、
 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

映画「オケ老人」
 2016年11月11日ロードショー

「仙台クラシックフェスティバル2016」
 エル・パーク仙台(ギャラリーホール)

「LEGEND SYMPHONY vol.1 hide」
 京都コンサートホール 大ホール

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016
 「la nature ナチュール - 自然と音楽」

 東京国際フォーラム 他
 キャラクター「ムッシュー・ナチュール」として登場。
 ピアニスト小曽根真とコラボレーション。
 パーカニッショニスト、クリストファー・ハーディと共演。
 子供たちのためのパントマイムワークショップ「音楽の中で動物になろう」開催。
2015年
「小曽根真クリスマス・ジャズナイト2015 シンフォニックジャズ
 モーツァルト×ガーシュウィン」

 ナビゲーターとして出演、小曽根真とコラボレーション

PHILIPPE AYMARD Album Project 【Cirque Blue】
 Ho'okipa(ホオキパ)

フジテレビ・関西テレビ系テレビ番組 「SMAP×SMAP」のテーマソング
 CD/DVD「Otherside」

 作詞:LEO今井、作曲:MIYAVI
 オープニングアクトにネオ・ゴシックなナビゲーター役として出演。

クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン2015」
 有楽町国際フォーラム周辺
 神出鬼没のキャラクター「ムッシューP」として登場。

第22回菜の花舞台~橋爪功と仲間たち~野外劇「処方箋」
 西伊豆 土肥 菜の花畑 特設舞台

「SHOW-ism VIII 【ユイット】」
 シアタークリエ

アーティスト

OFFCIAL SITE

グランアーツ ケータイサイトQRコード